山陽新聞 進学ガイド

岡山県と近県の大学、短期大学、大学校、専門学校案内の決定版

close

閉じる
学校法人就実学園

就実大学入門

加工01 2020年度に完成したA館。学生の交流の場「ひかりてらす」などが設置され、教育環境がさらに充実
U02 薬学部は病院・保険薬局と同規模の最新設備を備えた臨床薬学教育研究センターを有し、実践力をしっかり培う
U03 B館内にあるデリカフェ『B-コモンズ』。軽食やお茶を楽しみながら、学生同士の親睦を深める憩いの場
U04 外国人教員による少人数制授業。英会話だけでなく、CompositionやComputer Skillを鍛えるInternet English、English Proficiencyなど実践的な英語力を養う
加工05 大学生活を体感できるオープンキャンパス。オンラインでの個別相談も実施している
問い合わせ
〒703-8516
岡山県岡山市中区西川原1-6-1 就実大学 入試課
TEL.086-271-8118(直通) FAX.086-271-8260(直通)
お問い合わせメール:nyushi@shujitsu.ac.jp
https://www.shujitsu.ac.jp
  • instagram

概要

幅広い学問領域で、未来を担う
有能な人材の育成を目指す。
「去華就実」を建学理念に
117年の伝統を誇る総合大学

人文科学、教育学、経営学、薬学の4学部7学科で構成され、3研究科体制の大学院を併せ持つ就実大学。学生の知的好奇心に応じた柔軟なカリキュラムや、実践的な授業により個々の可能性を引き出し、未来の社会を切り拓く人材を養成。2020年度には、学生の交流の場「ひかりてらす」を備えた新館が完成し、学びの環境がさらに充実した。

何が学べる? (学部・学科・コースなど)

人文科学部/表現文化学科、実践英語学科、総合歴史学科 教育学部/初等教育学科、教育心理学科 経営学部/経営学科 薬学部/薬学科

どんな特色がある?

Point 1
117年の歴史と伝統。4学部7学科を擁する総合大学

人文科学部、教育学部、薬学部に加え、2014年4月には経営学部経営学科を開設し、伝統と新しい学びを融合した「総合大学」として新たなスタートを切った。多彩なコースを設置し、さまざまな分野を学ぶことができる。専門的な知識や実践力だけでなく、外見の華やかさを捨て去った内面の充実に努める「去華就実」という言葉が建学の精神。また、基本目標にある「実地有用」に通じる能動的学習を推進し、心置きなく勉学に励める学びの環境を整えている。

$feature->file->alternative
Point 2
入学前準備教育や試験対策講座など、資格取得・就職支援が充実

◎教員採用試験対策講座
教員採用試験の合格を目標に、筆記試験対策として教職教養や一般教養の講座を開講。
近年、重要視されている人物試験(面接・論文)の対策も整え、教員を目指す学生を手厚くサポート。
2020年度公立教員採用試験合格実績(現役)
小学校教諭21名、養護教諭、特別支援学校教諭13名、中学校教諭4名
幼稚園、保育士19名
◎薬学部学生独自のサポート
入学前に未履修科目や弱点科目を対象とした準備教育を実施。
入学後も習熟度に応じて基礎から学習できる基礎教育を行っている。
第106回 薬剤師試験合格率 (新卒) 83.7%  (2020年3月)

$feature->file->alternative
Point 3
一人ひとりの「もっと学びたい」気持ちに応える、充実の施設。

◎2020年度中に新校舎A館が完成。
同学の伝統を継承し、未来へはばたく新しい学園のシンボルとなる「新A館」が2020年度に完成。学生の実践力を高める学修・発信・協働・交流の場「ひかりてらす」をはじめ、学修をサポートするさまざまな施設・設備が設置される。
◎2017年春にB館が完成。
新たに誕生したB館は小学校と併設された建物。
大学の施設として教職支援センターや模擬保健室、集団心理実験室、保育内容演習室、教職ラウンジ等が設置されており、最新の機器に触れながら実践的な学習を積み重ねることができる。

$feature->file->alternative

どんな学生がいる?

2018-03-16_15h03_14 2018-03-16_15h03_02

中国地方からは471名(岡山含む)、四国地方からは73名が入学(2020年入学者)。JR山陽本線・赤穂線で岡山駅から1駅の「就実・西川原」駅にて下車、徒歩1分でキャンパスにアクセスできる好立地だ。またクラブなどの課外活動をはじめ、国際交流やボランティアなど、各種活動も盛んである。学生一人ひとりが興味のある分野に挑戦し、様々な経験を通じて視野を広め、社会に出てからも役立つ人間力を培っている。

どんな支援制度がある?

豊富なガイダンス&独自の講義でバックアップ! 手厚い就職支援。
同学では1年次から段階的に就活サポートを行っている。キャリア・就職ガイダンスでは、就職活動の具体的な流れの解説や自己分析検査、社会人としてのマナーやリクルートファッションのアドバイスなどを実施。学内合同企業説明会のほか、キャリアデザイン論という講義では「大学生のための人生設計」をテーマに、地元・岡山の企業のトップや人事担当者のリアルな声を聞くこともできる。
海外24校の協定大学と提携し、留学支援。視野の広い国際人を育成。
海外研修先として、24校の協定大学(英語圏12校、中国3校、台湾1校、韓国5校、タイ1校、ベトナム1校、インドネシア1校)と提携し、海外留学を支援。数週間の短期研修から、6~7か月の長期研修まで対応している。経営学部グローバル・ビジネス・マネジメントコースでは4か月間の留学が必修。研修先で取得した単位は学科専門教育科目へ読み替えることもできる。
各種奨学金制度あり。特待生制度も充実。
海外留学支援奨学金や学術・文化・スポーツ奨励金、入学後に家計が急変した場合に授業料を減免する経済就学支援奨学金など、各種奨学金制度が整っている。また、入試での成績上位者を対象に、授業料を免除する特待生制度もある。薬学部では入学金+6年間の授業料が1,530,000円・765,000円免除となるS1・S2特待生、その他の学部では授業料が285,000円免除となるA特待生等を選考している。薬学部の特待生は、2019年度より得点率で特待生を選考するため、人数制限がなくなった。(一部を除く)

キャンパスライフ ピックアップ

no-image_400
学生主体で企画・運営する一大イベント「なでしこ祭」。

年に一度、10月に開催される大学祭。部活やサークルを取りまとめる学友会の役員やそのほかの有志たちによって実行委員会が設置され、学生が主体となって企画・運営する一大イベントだ。各部活動の展示や発表のほか、模擬店や野外ステージなども行われ、毎年大盛況となっている。また学生へのアンケートをもとに旬のタレントや著名人を招き、トークショーなども開催される。2020年度はオンラインで実施。

取得資格・免許

本学で取得できる資格・免許をご紹介しています。

詳しくはこちら

卒業後の進路は?

卒業後の進路

全学科にクラス担任制を導入し、教員から個別指導を受けるほか、キャリアセンターの職員が就活生全員と面談し、個別のアドバイスも実施。サポート体制が整っているので、就活生はキャリアイメージを早期から具体化でき、高い就業率につながっている。地元企業や大手製造業、金融業やサービス業、医療・介護や教職など、卒業生はあらゆる分野で活躍しており、「就職の就実」と各方面から定評を受けている。
2020年3月卒業生実績

主な就職先

【人文科学部】

  • セキスイハイム中四国
  • 岡山村田製作所
  • 菅公学生服
  • 全日本空輸
  • 西日本旅客鉄道
  • ザグザグ
  • 百十四銀行
  • 中国銀行
  • トマト銀行
  • 明治安田生命
  • 全労災
  • 岡山県公立中学校
  • ベネッセコーポレーション
  • 岡山県警

【教育学部】

  • 公立小学校(岡山県、岡山市、香川県ほか)
  • 公立幼保(岡山市、倉敷市、坂出市ほか)
  • 公立特支(岡山県、広島県)
  • 公立養護(岡山県、兵庫県、神戸市)
  • 岡山県青少年教育センター閑谷学校
  • 岡山県警
  • 進学:就実大学大学院教育学研究科

【経営学部】

  • トヨタホーム岡山
  • モリマシナリー
  • ナカシマプロペラ
  • 萩原工業
  • 西日本旅客鉄道
  • イオンリテール
  • ハローズ
  • ネッツトヨタ山陽
  • トマト銀行
  • 笠岡信用組合
  • 玉島信用金庫
  • リクルートホールディングス

【薬学部】

  • クオール
  • 日本調剤
  • マツモトキヨシ中四国販売
  • ザグザグ
  • サンキュードラッグ
  • 国立病院機構中国四国グループ
  • 岡山赤十字病院
  • 心臓病センター榊原病院
  • 倉敷成人病センター
  • 福山第一病院
  • 島根県済生会江津総合病院
  • 福岡大学病院
  • 鹿児島大学医学部附属病院
  • 琉球大学医学部付属病院
  • 香川県職員

人気の名物ゼミ ピックアップ

① 教育学部教育心理学科 石原ゼミ

発達心理学、教育・学校心理学

「心理を学ぶことは、人間を理解する視点を持つこと」と語る、石原みちる教授が教鞭をとる。教員や養護教諭、スクールカウンセラーを目指し、成長期における心の発達や心の健康について学ぶことができる。共同ミニ研究を通して、ゼミ生同士が互いに協力しながら課題に取り組むのが特徴で、「大学生が中学時代に経験した、他者からの理解による自己肯定感の変化」といったテーマの課題研究を行っている。

② 薬学部薬学科 手嶋・毎熊研究室(医薬品情報解析学研究室)

医療現場からの声をテーマにした共同研究

実習を通してつながりが生まれた病院や薬局などの医療現場からあがってくる要望を元に、現場で発生する医薬品の問題について研究する。薬学科の4・5・6年生がゼミに在籍し、分析班・細胞班・疫学班の3部門のいずれかに所属し、学外との連携を重視した共同研究を行っている。「鎮痛剤や風邪薬に含まれるアセトアミノフェン成分の簡便な微量血中濃度の測定」「睡眠薬の先発品と後発品(ジェネリック)の同等性」など、身近な医薬品を扱った研究も多い。”あくまでも患者のための医療であること”を研究活動の根幹にすえ、今後は病院や薬局などの連携先を広げ、より多くの現場の意見を拾い上げていきたいと考えている。

就実大学
■住所
岡山県岡山市中区西川原1-6-1
■学部
人文科学部、教育学部、経営学部、薬学部