山陽新聞 進学ガイド

岡山県と近県の大学、短期大学、大学校、専門学校案内の決定版

close

閉じる

ノートルダム清心女子大学入門

①中央棟外観 学内で一番高い地上12階建てのノートルダムホール中央棟は、1995年に完成した総合施設
②中庭 四季折々の花と緑に包まれた中庭やテラスは、ランチスポットとしても学生に人気の憩いの空間だ
④水鏡 「立ち止まって自己の内面を見つめてほしい」との願いを込めて創られた、直径10mの水のオブジェ「水鏡」
⑥庭 キャンパス内には、聖母マリア像や聖堂など歴史的建造物と最新設備を備えた教育環境が調和良く佇む
昨年画像から加工‗MAP 岡山駅西口から北へ徒歩10分という好アクセス。閑静な環境が生み出す、良質な学びの空間を有す
昨年画像から加工‗清子ちゃん イメージキャラクター「清子(せいこ)ちゃん」。7年前大学祭キャラクターとして本学学生によってデザイン
問い合わせ
〒700-8516
岡山県岡山市北区伊福町2-16-9 ノートルダム清心女子大学 入試広報部
086-255-5585
https://www.ndsu.ac.jp/
お問い合わせメール:apoffice@post.ndsu.ac.jp
  • facebook
  • twitter

LINE@は下記から

LINE@ QRコード

LINE@

概要

キリスト教の教育理念に基づいて、しなやかな知性を備えた真の自由人を育成

岡山駅西口から北へ徒歩10分という交通の便がよいロケーションにありながら、緑と花に包まれた閑静な環境にキャンパスを構えるノートルダム清心女子大学。1949年岡山県下初、唯一の女子大学として創立以来、キリスト教精神に基づいた「リベラル・アーツ・カレッジ」として人間教育に重点を置いている。幅広い教養を身につけ、自ら考え、判断し、自立して生きる「真の自由人」の育成と、生きることの意義を追究。

何が学べる? (学部・学科・コースなど)

文学部/英語英文学科、日本語日本文学科、現代社会学科 人間生活学部/人間生活学科、児童学科、食品栄養学科

どんな特色がある?

Point 1
学ぶ内容・カリキュラムが魅力

“真の自由人”の育成をめざして知識と教養を身につける「全学共通科目」。中でも、グローバルな感性と広い視野を養い、豊かなコミュニケーション力を育む外国語科目は、ネイティブの講師が指導。また、1年次から選択可能な「開放科目」では所属学科以外の授業を履修でき、学部・学科の枠にとらわれず専門知識を学べる。自立した社会人に必要な力を育てる「自立力育成科目」は、国際的視野に立って社会情勢を把握し分析・統合する力と、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートグループワーク、フィールドワークなどに必要な主体的に考える力を、少人数による双方向形式の授業で育成する。

$feature->file->alternative
Point 2
一人ひとりの興味・関心を育む少人数制

4年間を通じて全学科の授業を少人数制で行い、自由な感性を重視するリベラル・アーツの精神のもと、1年次から深い知性と柔軟な思考力を培うためのきめ細やかな基礎教育を実施。学生たちの意見を取り入れながら授業を進めることで、一人ひとりの興味・関心を育む。また、学生主体の学びによって専門知識を深くしっかり理解していくと同時に、学生同士が積極的に意見しあう雰囲気の中でコミュニケーション能力を養っていく。

$feature->file->alternative
Point 3
きめ細やかな進路支援

学生相談は学年を問わず丁寧な支援体制で、就職活動を進める上で抱く疑問や悩みに対し的確なアドバイスを行っている。卒業生からの相談にも対応。3年次から実施しているキャリアガイダンス、自己分析対策講座、就職活動報告会、卒業生による業界・企業説明会などを通じて万全なサポート体制を整備。また、キャリアサポートセンターが受け付けた求人申込書の閲覧・検索が可能なシステム「Nサポ」、閲覧自由な就職関連資料、貸出可能な就職関連図書、DVD等を取りそろえる。就職率は7年連続98%以上。

$feature->file->alternative

どんな学生がいる?

2018-03-16_18h15_25 2018-03-16_18h15_41

本学は実就職率においてトップクラスの実績を獲得するなど、企業からも高い評価を得ている。 それは、即戦力というよりも、本学の4年間で育まれた人間性に対する期待であると考えられる。人が醸し出す雰囲気、立ち居振る舞いなどは、一緒にいる人にも影響を及ぼす。社会では職種に関わらず、人間関係をどのように構築するかが重要。キリスト教精神に基づく人格教育を軸とする本学では、相手の立場になって考える思考力と心を磨くことができ、現代社会においてはそれこそが求められていると考えている。

どんな支援制度がある?

教職・保育職へのサポート
教職・保育職をめざす学生に対しては「教職支援センター」を中心に、採用試験対策講座や小論文・面接対策などの個別指導、県内外の教育委員会による採用試験説明会の実施など、教員採用試験合格に向けた支援や教職専門職員による教職・保育職に関する悩み等への支援も行っている。
就職支援
キャリアサポートセンターでは、学生一人ひとりに合った万全のフォローで学生を希望の進路へ導く。3年次からは、内定者による就職活動報告会や各種講座の開催でバックアップ。地元密着型の大学として岡山県内の就職には特に強く、Uターン就職希望者に対しては求人開拓や情報開拓を行っている。特に学生相談に力を入れており、応募先への提出書類添削から企業訪問の方法、模擬面接にも常時対応。
社会福祉士や管理栄養士などの国家資格取得をサポート
各学科において国家試験合格へ向けた専門的なカリキュラムを設置するほか、同窓会組織による公務員採用試験対策講座や、秘書検定対策講座などの各種講座を開催。卒業生の強力なネットワークでサポート。

キャンパスライフ ピックアップ

4
新入生合宿オリエンテーション

新入生が早く大学生活に慣れるよう、カリキュラムや履修方法などのオリエンテーションを行う。その一つが本学の蒜山セミナーハウス等で行う宿泊合宿で、1979年から続く伝統行事だ。特色となっているのが4年生を中心とした協力学生の存在で、履修指導やキャンパス案内、合宿の企画・運営に携わる。合宿では身近な相談や各種サポートを行い、上級者ならではの力を発揮。新入生にとって上級生の活躍は憧れとともに強い印象を与え、サポートする上級生は先輩としての自覚を強め人間的な成長を導いているようだ。

5
クリスマス関連行事

毎年11月の終わりからクリスマス(降誕祭)を迎える準備の期間であるアドヴェント(待降節)に入る。その期間中さまざまなクリスマス行事を企画しており、学内のクリスマスツリーへの点灯式、アドヴェントコンサート、クリスマスミサ&ファミリーコンサートなどが行われる。

6
フッド授与式

卒業証書・学位記授与式の前々日に行われるフッド授与式は、カトリック司祭の司式で捧げられる感謝のミサの形式をとっている。本式典では、キャップ・アンド・ガウン授与式で学士候補生となった学生に、学士の象徴であるフッドの着用を許可してアカデミック・ドレスを完成させる。

取得資格・免許

本学で取得できる資格・免許をご紹介しています。

詳しくはこちら

卒業後の進路は?

卒業後の進路

地元密着型の大学として、岡山県内出身者の約90%が地元に就職。県外出身者に対しては、Uターン就職を希望する学生のために、学生の出身地に対しても企業や関係団体を訪問し、求人開拓や情報収集を行っている。

主な就職先

  • 全日本空輸
  • 日本航空
  • 山陽新聞社
  • ミサワホーム中国
  • 岡山村田製作所
  • ヤンマー農機製造
  • 今治造船
  • 日本銀行
  • 三井住友信託銀行
  • 東京海上日動火災保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • 国公私立学校教員
  • 地方公務員 など

人気の名物ゼミ ピックアップ

① 文学部 現代社会学科 二階堂ゼミ

フィールドワークで多くの人々と共生・協働。

研究対象の社会や集団において、人々にインタビューを行ったり一緒に活動したりしながら、その社会や集団について理解するという調査方法の一つであるフィールドワーク。このゼミでは、岡山県美咲町境地区で古民家再生に取り組むフィールドワークを行い、現地の住民や行政職員らとともに、長らく空き家だった住宅の改築に関わるで、その地域の過疎化の実態のほか、多くの人々と協働することの面白さを肌で感じることができた。台湾(台北市)でのフィールドワークは、急速なグローバル化と経済発展が進む中で、人々がどのように生活しているのかを自分の目と耳で知る貴重な機会となっている。

② 人間生活学部 人間生活学科 豊田ゼミ

生活に関わる経済・経営問題にデータの解析などを通じて接近。

生活の中で関心を持った事象から「明らかにしたいこと」を抽出し、論文のテーマとして誰でも理解できる明確な言葉にするという、当たり前でありながらも難しい課題に丁寧に取り組むことを心がけている。また、研究の中で導き出した仮設をデータで検証し、客観性を確保した論文に仕上げるという方法も重視。一方で自分の研究テーマだけに集中するのではなく、他のゼミ生のテーマにも関心を持って議論することを大切にしているので、あらぬ方向に脱線してしまうことも含め、楽しくにぎやかな時間が流れている。

ノートルダム清心女子大学
■住所
岡山県岡山市北区伊福町2-16-9
■学部
文学部、人間生活学部